let's  いめいじん句" 

「いめいじん句"」投句大募集!

 

 

 

11月号「いめいじん句"」のお知らせ

 

毎月掲載される1枚のカットをもとに、

自由な発想による作品を募集します。

応募された作品を選者が鑑賞いたします。

初心者の方も大歓迎!お気軽にご応募ください。

 

                                                                                        カット:山本耀子

                                                                                                                                          [例句]

実柘榴の寺に集まる子供会

ざくろ酒の色を思へり冬夕焼

牛の眼に揺れをり牧の糸芒

                                                                                 

 ●投句方法

 投句はメールでお願いします。

専用投句フォームに必要事項をご記入のうえ

送信してください。

いめいじん句" 投句はこちら

 

投句フォーム以外での投句をご希望の方は

下記のアドレスでも受け付けています。

info@kaseihaikukai.com

 

 

 

●締め切り

 

1130日(月)

 

●入選作品発表

 

12月予定

 

               


10月号「いめいじん句"」  入選作品発表

                     大山文子選

 

 

 

 

 

 

 

      

   一塁に透明人間刈田風      坂倉一光 

草野球の一シーンと思われます。捕った球をファーストに投げました。

あれっ、一塁手がいません、そんな馬鹿な!

投げたボールはファウルゾーンを転々。

あり得ないことが先日プロ野球でもありましたね。

「透明人間」と「刈田風」のかかわりが絶妙でした。

 

 放課後の部活短し秋夕焼      上山まこと

秋の日暮れは早いです。野球部でしょうか、それともサッカー部?

夕焼けに顔を赤く染め後片付けです。

この分だと明日も晴ですね。影もだんだん長くなってきました。

鴉と一緒に帰りましょう。

 

 秋晴れに干す引退のユニフォーム   芝香

三年の二学期は引退の季節です。

汗と泥に汚れたユニフォームの洗濯も今日で最後です。

何年間ドカベンを作りユニフォームの洗濯をしたことでしょう。

結果は思うようには得られなくても続けたことが宝物です。

母の務めもここまで、しみじみ仰ぐ今日の秋晴れです。

 

 球の来ぬライトの背中虫の声     宇佐美好子

草野球ではままあること、この句では「ライト」が微妙に効きました。

普段は地味なポジションです。

ひまだなあ、のつぶやきが聞こえそうです。

 

 全勝し碁会所を出る月高し      昼寝

全勝とはさぞかし気持ちよかったでしょうね。

その心が「月高し」に現れています。

でもそんなに遅くまで碁会所にお出かけでは、奥様のお顔がちらつきませんか?

「月全し」くらいでいかが。

 

 ボール追ふ縞のジャージー息白し   みさを

これはラグビーですね。

去年ワールドカップで盛り上がったことが夢のようです。

コロナ禍で練習もままならないラガーたちの、弾けるばかりのぶつかり合いを

また見てみたいものです。

 

   復帰戦に沸くリハ室の小春かな    みゆき

「リハ室」とは「リハビリ室」の略と思いました。

どこかを痛めた選手が通っていたリハビリ室に吉報が届きました。

かの選手の復帰戦が決まったというニュースです。

リハビリのつらさをいつも身近で見ていた患者さんも整体師さんも

笑顔満開です。ストーリーがありますね。

 

   秋空に蹴り上げる球起死回生      晴音

蹴り上げた球がゴールに吸い込まれて行く様がありあり見えます。

ラグビーかサッカーか、逆転のひと蹴りです。

気持ちよさそう。