let's  いめいじん句" 

「いめいじん句"」投句大募集!

 

 

 

月号「いめいじん句"」のお知らせ

 

毎月掲載される1枚のカットをもとに、

自由な発想による作品を募集します。

応募された作品を選者が鑑賞いたします。

初心者の方も大歓迎!お気軽にご応募ください。

今月募集する作品は右のものです。

                                                                                                                                      

                                   カット:山本耀子

                                                                                                                                             

[例句]

波音や避暑の机のインク壜

悪筆の父の葉書よ夏鶯

走り書きのメモが一枚ソーダ水

                                                                                 

 ●投句方法

 投句はメールでお願いします。

専用投句フォームに必要事項をご記入のうえ

送信してください。

いめいじん句" 投句はこちら

 

投句フォーム以外での投句をご希望の方は

下記のアドレスでも受け付けています。

info@kaseihaikukai.com

 

 

 

●締め切り

 

31日(木)

 

●入選作品発表

 

月予定

 

               


4月号「いめいじん句"」  入選作品発表

                     河崎尚子選

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

海軍に手旗信号南風                                                      坂倉一光

手旗信号 「右手に赤、左手に白の小旗、これを振り動かして遠くの相手と通信する信号」

とあります。兼題となるイラストは望遠鏡でした。

海風の中、遠くの手旗信号を確認している若い兵士の姿が思い浮かびます。

季語「南風」に、穏やかな、しかし凛とした景が立ち上がりました。

日本では「海軍」という名は昭和20年で廃止になりましたから、これは外国の景でしょうか。

今、私たちが享受している平和な暮しは、この様な景に守られているのでしょうね。

 

手ばなせぬ拡大鏡や麦の秋                                          上山まこと

拡大鏡を手ばなせぬ方は誰なのでしょう。小学生ぐらいの子が拡大鏡を持ち歩いて、

虫の死骸や巣をまじまじと見入っている姿を見かけることがあります。

この頃は滅多に実際の麦畑を見ることがなくなりましたが、

映像で見る限り果てしなく広々とした黄金色が続き、スケールの大きさを感じさせます。

拡大鏡で見る微小なものと麦秋の取り合わせが、句に奥行きを与えていて魅せられます。

               

                豆科なる白詰草に虫眼鏡                                               みさを

クローバーが豆科であるということをこの句で初めて知りました。

四葉のクローバーは見つけると幸福が訪れるとされていますが、

まず、この句からは白詰め草の花に虫眼鏡を当てている少年の景が思い浮かびました。

少女なら、多分クローバーの花輪を作るでしょう。

上五から少年を想像しましたが、案外、理科系少女かも知れませんね。

学校の傍など身辺に時々見かける景が描かれていて、想像を広げてくれます。

 

世話物を息潜め見る春の宵                                             紀風

世話物は浄瑠璃でしょうか、歌舞伎でしょうか。

大阪日本橋の文楽劇場へは幾度か行ったことがありますが、慣れ親しんでなく、

筋がはっきり解らないままでも結構心を引きつけられるあの魅力は何でしょうね。

日本人のもつ共通のDNAのあかしの様にも感じられます。

中七が色々な場面を想像させます。           

義太夫語りの声や三味線の音がクライマックスに達して行くようで臨場感があります。

 

清流に煌めき一閃翡翠去る                                             昼寝

少し古いのですが、中村汀女の句に「翡翠がかすめし水のみだれのみ」という句がありますが

まさにこの句はその様な景ですね。翡翠の飛ぶ速さは、光の速さかと思うほどです。

汀女は見えたか見えなかったかの翡翠のあの速さを、

翡翠が去った後の「水の乱れのみ」と表現しました。

煌きは光り輝くこととあり、閃きは瞬間的な鋭い光とあります。

意味の重複が少し惜しい気もします。

 

一輪車乗れたらうれしい春の風                                     白根悠花

とても気持が素直に出ている句だと思います。

「乗れたら」ですからまだ悠花さんは一輪車に乗れないのですね。

「春の風」が「南風(みなみ)」に又は「夏の風」に変わるころには

すいすいと乗れるようになっているかも知れませんね。

               

東京も住めば都二年目の春                                              白根紗知子

筆者は白根さんが東京の人だと思っていました。転勤されたのですね。

でもすぐに東京に慣れられて楽しく日々を送っていられるのを

この句からも、今までに頂いた句からも感じています。

ただ残念に思うのは、二年間住んでみた結果の概念の言葉「住めば都」です。

芭蕉に「いひおほせて何かある」(いいつくしてしまったら何もならないではないか)

という言葉があります。意味するところは言い尽くさないで言外の余情として残すところに

俳句があるという事です。中七を抜き「東京も二年目の春・・・」とされ、

下五に中七を彷彿とさせる五文字(季語、春を使っていられるので、

季語でなくごく普通の日常の事、物)を置かれたらと思います。

 

                双眼鏡のぞけば遠い春の空                                             白根佐久良

すんなりと詠まれていて詩情を感じさせます。

遠い春の空」に以前住んでいらした土地への懐かしい思いなどを、

読み手に想像させてくれます。

不思議の国のアリスが落ちた穴の様に、気が付けば双眼鏡で見た空の下に居た

なんてことが起こったら面白いでしょうね。

 

                春競馬横一線に鼻頭                                                          翠丘

景がはっきり見えます。自宅のすぐそばに阪神競馬場があるので、

句材になるかもと思い何度か行ってみました。

春は桜が咲き夏は水遊びが出来る流れがあり、秋はカナダ楓が真っ赤に染まります。

パドックを歩く馬は鼻息も高く興奮気味で精悍です。

この句は馬が疾走ゲートに入ったばかりの景でしょうか。

よく手入れされた馬場も馬も絵の様に美しく、騎手と馬の緊張感も思わせます。