let's  いめいじん句" 

「いめいじん句"」投句大募集!

 

5月号「いめいじん句"」のお知らせ

 

毎月掲載される1枚のカットをもとに、

自由な発想による作品を募集します。

応募された作品を選者が鑑賞いたします。

初心者の方も大歓迎!お気軽にご応募ください。

                                                                                                                                                                                    

                                                                                                                                                       カット:山本耀子

                                                                                                                                          [例句]

一服を夏うぐひすの中に汲む

鉄びんの蓋鳴る八十八夜寒

花柄の魔法瓶提げ青田道

                                                                                 

 ●投句方法

 投句はメールでお願いします。

専用投句フォームに必要事項をご記入のうえ

送信してください。

↓     

いめいじん句" 投句はこちら

 

投句フォーム以外での投句をご希望の方は

下記のアドレスでも受け付けています。

info@kaseihaikukai.com

 

 

 

●締め切り

 

31日(火)

 

●入選作品発表

 

月予定

 

               


4月号「いめいじん句"」  入選作品発表

              蘭定かず子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

   山辺にのこる城壁夕ざくら    垣内孝雄

山城なのでしょう。かつては威風を誇った城郭も今は訪れる人もなく、

ひっそりと城壁のみにその面影をとどめています。

「夕ざくら」が良いと思いました。

静謐でしみじみとした趣の一句です。

 

  外堀は埋められしまま黒揚羽   坂倉一光

情景がよく分かります。埋められて今は草々に覆われてしまっている堀。

そこをゆったりと黒揚羽が渡っていきます。

黒揚羽の持つ翳りのイメージに、

かつて戦で敵方に埋められた城堀なのだろうかと想像しました。

 

  桜蕊降る椅子のなきテラス席   あるてみす

桜の季節も過ぎ、テラスの床一面に散り敷いている桜蕊。

桜の季節が華やかだっただけに、なおさら寂しさが募ります。

時の移ろいを感じさせる静かな景色です。

 

  石積みもぎっしりつまり地虫出づ  藤川雅子

例えば穴太積みのように、きれいに積み上げられた石垣は本当に美しいものです。

「石積みも」の「も」が気になりますし、「ぎっしりつまり」も「石積み」の説明です。

例えば「尼寺に沿へる石垣地虫出づ」など、場所や時刻、石積みの表情など

色々設定を変えて詠んでみてください。ご自分の気持に添った句が得られると思います。

 

  要塞に残る大砲春の海       宇佐美好子

カットの「石垣」から「要塞」へと発想をとばした一句。

どこか外国の、今は史蹟として保存されている海辺の要塞を思い浮かべました。

穏やかで平和な海原を眺めながら、過去の歴史へと思いを馳せる作者です。

 

  石垣にキョロキョロ蜥蜴まだ子供  昼寝

我が家でも庭に蜥蜴が出て驚かされることがよくあります。

瑠璃色を帯びた蜥蜴は思わず見惚れるほど綺麗です。

掲句、小さな生き物に対する詠み手のあたたかな眼差しが感じられます。

表現が少しこなれていないので、「辺りうかがひ石垣の蜥蜴の子」としてみました。

 

  青蜥蜴下校の子らに見つけられ   みさを

蜥蜴を見つけた時の子ども達の生き生きとした様子が垣間見えます。

我々の小さい頃も同じだったように思います。

こんな風に色々なことに興味を示し、さまざまな事を学んでいくのでしょうね。