let's  いめいじん句" 

「いめいじん句"」投句大募集!

 

 

 

5月号「いめいじん句"」のお知らせ

 

毎月掲載される1枚のカットをもとに、

自由な発想による作品を募集します。

応募された作品を選者が鑑賞いたします。

初心者の方も大歓迎!お気軽にご応募ください。

                                                                                        カット:山本耀子

                                                                                                                                          [例句]

散策の白きストール避暑夕べ

さみだれの降り暗めたる出湯かな

夏帽を振つてふるさと遠くにす

                                                                                 

 ●投句方法

 投句はメールでお願いします。

専用投句フォームに必要事項をご記入のうえ

送信してください。

いめいじん句" 投句はこちら

 

投句フォーム以外での投句をご希望の方は

下記のアドレスでも受け付けています。

info@kaseihaikukai.com

 

 

 

●締め切り

 

31日(月)

 

●入選作品発表

 

月予定

 

               


4月号「いめいじん句"」  入選作品発表

                山尾玉藻選

 

 

 

 

 

 

 

 

      

  短夜のルート記号の外し方    坂倉一光

「ルート記号」と聞くだけで頭が痛くなる私など「短夜」に大いに納得します。


  猪の死体捨てたる蚤虱      坂倉一光

表現方法一つで「死体」「蚤虱」も詩となります。<猪の屍に日射す蚤虱>

 

      目力の走り大黒青嵐       上山まこと

 「青嵐」の趣からこの「大黒」は寺院の憤怒仏と捉えました。しかし残念ながら三段切れになっていますので、「眼力の走る」として大黒を修辞する表現にします。

 

  よろず屋の打出の小槌花の雨     垣内孝雄

この「打出の小槌」は七福神の内の大黒天が手にするものを指しているようです。「よろず屋」の設定が功を奏し、店内に飾られる「打出の小槌」に商売繁盛の願いが籠められているのが窺えます。何よりも「花の雨」が明る過ぎず暗過ぎず、店に売られるとりどりの品々に存在感を生んでいます。


  大黒の小槌拝むや四月馬鹿          垣内孝雄

この句の「小槌」は色々な願いが叶うようにと床や棚に飾ってあるものでしょう。「四月馬鹿」でアイロニカルな趣を生んでいますが、「馬鹿」がストレートに効き過ぎる感があります。<大黒の小槌おろがむ万愚節>とすると程の良い味となるでしょう。


  花供養厨におはす大黒天             垣内孝雄

「花供養」は仏教の行事ですので寺院の厨は「庫裏」ですね。<花供養大黒天は庫裏に在し>

 

  小槌ふり耳すまし聞く年の暮れ   藤川鴎叫

来る年の幸せや希望が叶うようにと小槌を振ってみたのでしょう。「耳すまし」とあるので「聞く」は全く不要となります。<小槌ふり耳すましけり年の暮>


  春の夢寝覚めの床の玉手箱     芝香

春の快い寝ごこちの中で見る夢なら原句のような幸せなものがよいでしょうね。しかし原句の表現はややこなれていないので、<枕辺に玉手箱ある春の夢>とされては如何でしょうか。

 

  病床のわが手に見入る春ゆけり   昼寝

「胃の手術で入院して」と但し書きがありましたが、句意からそれが知られます。病院のベッドでの感慨を「春ゆけり」で結ぶと翳りを濃くし過ぎとなります。<病床のわが手に見入る花の昼>とすると病室に明るさが漂います。


  病食のいずれも美味し外は初夏   昼寝

 術後の経過が良好ながら、「外は初夏」に入院している間に季節がかほども推移したという思いが託されたようです。しかこれでは単なる事柄に尽きますので、読者にそれを想像させる季語にしましょう。<病食のいずれも美味し花は葉に>

 

     レガッタの櫂箸のごとビル八階   宇佐美好子

作者はい高い場所から「レガッタ」を眺めています。櫂が「箸のごと」の感覚が愉快です。しかし「ビル八階」の具体的表現は余り詩的とは言えません。<高みよりレガッタの櫂箸のごと>

 

  光る風追うて匂うて子豚らは   宇佐美好子

 ピンク色の「子豚」達は一体どんな匂いがしたのか、作者はその事について触れていませんが、触れていないだけに季語で読者の想像力を高める必要があります。子豚ですから柔らかな匂いがしたことでしょうから、「風光る」の趣とは少し違うようです。<春風を追うて匂うて子豚たち>

尚、季語「風光る」を「光る風」と都合で言い換えるのは是とされません。「笑ふ山」「眠る山」「粧ふ山」も同様です。

 

  春の雨子らの寝息に絵本閉づ   みさを

 作者はいつものように就寝前の子供たちに絵本を読み聞かせているのでしょう。子供達の微かな寝息を確かめて漸く絵本を閉じた時、窓外にする雨音に気付き、柔らかなその音に春を実感しています。余情たっぷりの一句です。