let's  いめいじん句" 

「いめいじん句"」投句大募集!

 

10月号「いめいじん句"」のお知らせ

 

毎月掲載される1枚のカットをもとに、

自由な発想による作品を募集します。

応募された作品を選者が鑑賞いたします。

初心者の方も大歓迎!お気軽にご応募ください。

 

                                                                                        カット:山本耀子

                                                                                                                                          [例句]

枯蔓にしかと空蟬からみけり

秋深し付箋のめだつ虫図鑑

冬蝶の日を恋うて翅広げけり

                                                                                 

 ●投句方法

 投句はメールでお願いします。

専用投句フォームに必要事項をご記入のうえ

送信してください。

いめいじん句" 投句はこちら

 

投句フォーム以外での投句をご希望の方は

下記のアドレスでも受け付けています。

info@kaseihaikukai.com

 

 

 

●締め切り

 

1031日(日)

 

●入選作品発表

 

11月予定

 

               


9月号「いめいじん句"」  入選作品発表

               蘭定かず子選

 

 

 

 

 

  

  朝影や丘のなぞへの葡萄棚   垣内孝雄

先ずは、詠みはじめの「朝影や」が印象的でした。

あまねき渡る朝日の差しようやひんやりとした空気感、

更には丘陵の広やかさや静けさなども追って想像できます。

棚の葡萄も朝露を帯びていることでしょう。伸びやかな景色です。

 

  秘話ひとつ語りて黒葡萄ひとつ  あるてみす

秘話とは包み隠されて世に知られていない話のこと。

話り終え、気持ちを静めるかのように葡萄をひと粒口に含んだのでしょう。

秘話の内容にそれとなく興味をおぼえるのは、「黒葡萄」の「黒」の一字故でしょうか。

 

  デラウェアひと粒つまみ子は口へ  南野ひとし

値段も手ごろで少し前まではポピュラーだったデラウェアですが、

近頃はいろいろな品種の葡萄が出回り、やや影が薄くなったように思います。

「ひと粒つまみ子は口へ」は普通。デラウェアは小粒なので、

それより粒の大きいマスカットくらいが適当かもしれません。

 

  暗黒の冷蔵室に黒葡萄      坂倉一光

冷蔵庫内に黒葡萄が冷やされている、というだけの情景ですが、

「暗黒」という語彙が加わることで俄然シュールな雰囲気を持つ一句となりました。

若い人の、ほぼ空っぽの冷蔵庫にひと房の黒葡萄が転がっているという無機質な構図が見えます。「黒葡萄」が効いています。

 

  葡萄棚とつぜんの雨ふりやまぬ   藤川鴎叫

雨中の葡萄棚ですね。雨にけぶる葡萄棚の光景もなかなか良いものです。

そして雨後の葡萄棚もきれいですよ。マスカットなら翡翠色の雨雫を湛えているし、

黒葡萄なら艶やかに光りはじめた雨雫が見えてきます。

いろいろな角度から詠んでみるのも楽しいです。挑戦してみてください。

 

  お大師の山裾葡萄熟れにけり    みさを

弘法大師を祀る山は全国に多々あると思いますが、ここはやはり高野山の麓辺りを想像しました。「お大師の山裾」というだけで実り豊かな土地柄が思われます。

熟れごろを迎えた葡萄が重そうに垂れています。

葡萄のみならず、稲や柿栗なども豊穣のときを迎えている山裾の集落です。

 

  喧噪のはずれワインとなる葡萄   宇佐美好子

「喧噪のはずれ」がちょっと分かりにくかったです。

葡萄を摘む賑わいなのか、ワインを仕込んでいる賑わいなのか。

それとも別の「喧噪」なのかもしれません。

喧噪の中身を具体的に詠まれていたならこの句をもっと深く味わえたような気がします。

 

  どこまでも稲穂の緑モノレール   昼寝

モノレールの車中から一面の青田を見下ろしている作者です。

郊外へ延びる路線なのでしょう。日本人の原風景でもある稲田と、

モノレールという近代的な物との取り合わせに意外性を感じました。

 

  声弾み縁側サロン葡萄吸う     ふうこ

近所の人たちが集まり、サロン化した縁側でおしゃべりに余念がありません。

それぞれ菓子なども持ち寄っているのでしょう。

秋晴の一日、ふるまわれた葡萄をつまみつつ尽きることのないよもやま話。

「縁側サロン」という言葉を初めて目にしました。

 

  夕映えに葡萄の種や白き皿      芝香

おいしい葡萄を堪能した作者。真っ白な皿に葡萄の種が散らばって残っています。

そういえば種有り葡萄って最近あまり見かけなくなりましたね。

掲句、<夕映えに葡萄の種の白き皿>のほうが滑らかに思うのですが如何でしょう。