let's  いめいじん句" 

「いめいじん句"」投句大募集!

 

 

 

11月号「いめいじん句"」のお知らせ

 

毎月掲載される1枚のカットをもとに、

自由な発想による作品を募集します。

応募された作品を選者が鑑賞いたします。

初心者の方も大歓迎!お気軽にご応募ください。

今月募集する作品は右のものです。

                                                                                                                                      

                                   カット:山本耀子

                                                                                                                                             

[例句]

十三夜陶の駱駝の影動く

立ち塞ぐ砂丘超ゆれば冬の波

冬灯軍馬に跨ぎゐる写真

                                                                                 

 ●投句方法

 投句はメールでお願いします。

専用投句フォームに必要事項をご記入のうえ

送信してください。

いめいじん句" 投句はこちら

 

投句フォーム以外での投句をご希望の方は

下記のアドレスでも受け付けています。

info@kaseihaikukai.com

 

 

 

●締め切り

 

1130日(金)

 

●入選作品発表

 

12月予定

 

               


10月号「いめいじん句"」  入選作品発表

                     河崎尚子選

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

    年の暮文字見て人を懐かしむ      坂倉一光 

年賀状を書く用意をされていられるのでしょうか。

今年貰われた数々の葉書を読み直していられる景が浮かびます。

今はラインやメールも使いますが、昔は賀状は勿論、授業中にこっそり交わすメモ等全部

手書きでしたから、発信者名が無くても見当はついたものです。

文字は人を表すと言われますが、つんと澄ました美人が丸文字のメモをくれたり、

ラグビー部の強者が黒板に流れるような美しい文字を書いた事などを思い出しました。

納得させられる素敵な句です。

NHK俳句宇多喜代子さんの秀作に入選おめでとうございます。

 

洗濯機の中二つ三つどんぐりが                       上山まこと

洗い上った洗濯物を取り出していると、多分、子供さんのポケットからこぼれたどんぐりが

洗濯機の底に残っているのに気付かれたのでしょう。

特別ではないごく日常の景を写生されていて、家庭の暖かさと楽しさを感じさせます。

生活の一齣を切り取った、たった17文字の描写ですが、

背景に健やかな子供さんの行動や作者の微笑む顔など色々なことをも想像させてくれます。

こんな句に逢うと俳句の深さを感じさせられます。

 

抽斗に妣(はは)の夜なべの古絣                     秋生

「妣」は亡くなられたお母様の事です。古絣とあるからにはお母様自身が着ていらした

絣の着物を秋生さんの為に夜なべ仕事として縫い直されたのでしょう。

和服は着た後の始末が大変な事もあって、この頃は着る機会が少なくなってしまいました。

多分箪笥の抽斗に仕舞われたままなのでしょう。

着なくても時々は抽斗を開けて亡くなられたお母様を思いながら、

絹の手触りを楽しんでいられる景を想像しました。心の景の描写が素敵です。

 

見上げると変わる季節に大きな月                   白根佐久良

俳句で月と言えば昔から秋の月を指します。

秋は大気が澄み一段と清らかさが増すからです。

今年の秋は台風が多く、十月も二十日を過ぎてからやっと蒸し暑さが去り

晴れた日も多く、月が見えるようになりました。

「大きな月」は台風が過ぎた後の「後の月」でしょうか。綺麗だったでしょうね。

中七、季節の変わりを感じられる感受性は素晴らしいと思います。

 

そよ風にコスモスゆれて話し声                       白根悠花

悠花さんの句は景がくっきりと見えて、すごいなと感心させられます。

「俳句は写生です」いつも私が先生から言われる言葉です。

言葉で写生するのは簡単そうで、とても難しいのです。

コスモスの丈に隠れて人は見えないのだが話し声が聞こえるのですね。

人声が気になる、ちょっとミステリアスな美しい句が生まれました。

 

茶箪笥に柿一つあり我を待つ                          昼寝

食器棚のガラス越しに柿が見えているのでしよう。まるで昼寝さんを待っていたかの様に。

今年の柿は特に美味しく感じます。子供の時や若い時、あまり柿が好きでなかったのですが、

今はとても好きです。マーケットに行ってもまず目に入るのです。

下五、ご自分の気持と柿の存在とをひっくり返し表現され、俳味たっぷりの句にされました。

 

古道具出会いは必然秋の市       紀風

どんな古道具を見つけられたのでしょう。

運命的な出会いと感じられるほど気に入られたのでしょう。中七がそう言っています。

その古道具が何であったかは分からないのですが、浮き浮きした心模様が窺われます

機会がありましたら、その古道具が何だったのか俳句にして教えて下さい。

紀風さんの嬉しさが伝わります。

 

磨き出せし螺鈿の色や今朝の冬                      みさを

螺鈿のテーブルや文箱を見たことがあるのですが、作る工程は知りませんでした。

なるほど塗りこめた漆より貝を磨き出すのですね。工房で見学されたのでしょう。

螺鈿の光の冷たさと冬の朝の空気の冷たさとの程良さ、

小さな綺羅めきの集まりと凍るまでにはいかない「今朝の冬」の寒さを並列されて、

巧みに表現されていると思います。

 

抽斗の二千円札そぞろ寒                                   こつこ

二千円札、そう言えば何度か手にしたことはあるのですが、何時の頃からか見なくなりました。 使い勝手がもう一つだったからでしょうか。

切手や古銭を収集するのに夢中になった頃もありました。

二千円札も結構珍しくて貯めてみようと思ったことなどを思い出します。

こつこさんもきっと収集してみようと思われ、

手の切れるような真新の二千円札は抽斗に残されたのでしょう。

いつの間にか二千円札は巷から姿を消し、収集趣味そのものも流行らなくなってしまいました。

そこはかとなき残念感と滑稽味が混じっているのは、季語の上手さの所為でしょうか。

面白く魅力のある句が立ち上がりました。

 

                ひととせの流れる如く冬隣                             翠丘

早、11月となりました。今年の暑さは何時まで続くのかと思う程でしたが、

気が付けば冬がすぐそこに来ています。

12月は行事などが多く又、仕残した事などに気を取られ、

一年の流れをしみじみと感じるのは案外この月だったのだと気付かされました。

中七、平穏でゆったりと過ごされたこの一年の日々とその満足感を感じさせます。

季語「冬隣」は「冬の厳しさや暗さがすぐ近くに迫っている晩秋の頃を言う」とありますが、

この少しマイナス思考の季語にもゆうゆうと受けて立つ余裕さえ感じさせられます。