let's  いめいじん句" 

「いめいじん句"」投句大募集!

 

1月号「いめいじん句"」のお知らせ

 

毎月掲載される1枚のカットをもとに、

自由な発想による作品を募集します。

応募された作品を選者が鑑賞いたします。

初心者の方も大歓迎!お気軽にご応募ください。

 

                                                                                      

       

                           

                                                                                                                                 

                                                                                                                                                       カット:山本耀子

                                                                                                                                          [例句]

龍宮へ近き入江や石蕗日和

盆栽の根のたくましき寒紅梅

枯れ菊を焚く火にしばし父母のこと

                                                                                 

 ●投句方法

 投句はメールでお願いします。

専用投句フォームに必要事項をご記入のうえ

送信してください。

↓     

いめいじん句" 投句はこちら

 

投句フォーム以外での投句をご希望の方は

下記のアドレスでも受け付けています。

info@kaseihaikukai.com

 

 

 

●締め切り

 

31日(月)

 

●入選作品発表

 

月予定

 

               


12月号「いめいじん句"」  入選作品発表

               大山文子

 

 

 

 

 

 

 

    年つまる父の手提げのいなり鮨        垣内孝雄

子供の頃の思い出の一句と拝見しました。

忘年会か何かでお出かけされていたお父さんが包みを手にご帰宅。

わっと子供たちが寄ってきます。昭和の良き時代でしたね。

 

    鏡餅パスパスパスの七並べ         坂倉一光

ふつうはパスは三回まででは。娯楽の少ない時代トランプや花札はお正月の楽しみでした。

個の遊びの時代ではなく父も巻き込んで家族で遊ぶあの時代が懐かしいですね。

近頃はUNOが我が家の流行です。

 

    ひとりでは食べきれへんで節料理      上山まこと

久しぶりに帰省した息子に腕を振るって作られたお母さんの手作りのお節を前に

作者の一言です。ついつい口を突いた関西弁が切ないです。

今はもう食べたくても食べられない母の味を思い出してしんみりしました。

 

    喰積やみな海山のたからもの        藤川鷗叫

家族の名前を書いた祝箸とお節に添える祝箸には「海山」と書いておきます。

年齢を重ねてしみじみ自然の恵みを頂くお正月です。

 

    母の場所少し空けたる初写真        あるてみす

お正月には家族写真をとる習慣があったようです。

毎年同じ並びで揃って写っていた家族に変化があったようです。

当然そこに居るはずのお母様の姿がありません。

でもお母さまの場所はそこにいらっしゃるように空けておきました。

私の実家もお正月には家族写真を撮る習慣がありましたっけ。

 

    幸せに逝きしや友よ年暮るる         昼寝

(70年間の交誼の友の訃報届く)と前書きがありました。子供の頃からのお友達でしょうね。

このご時世ですから葬儀への出席もままならないのでしょう。

私も同級生の訃報がよく入るようになりました。

日々大切に生きていかねばと思う年の暮れです。

 

    伊勢海老の髭や港の明けさぐる        みさを

夜明け前の漁港に水揚げされた伊勢海老、長い髭は値に係わります。

寒々しい光景を目出度く捕らえました。

 

    毎年の父のうんちく節料理          宇佐美好子

黒豆はまめに暮らせるように、数の子は子孫繁栄、昆布巻きは喜びごとが多くあるように、

蓮根は先が見通せるように、耳にタコです。

父母の無き今、誰に告げることもなく独り言ちています。

 

    寝坊して弁当忘れて冬の朝          ふうこ

お若い方のようです。若い頃ってどうしてあんなに眠かったのでしょうね。

お弁当を忘れたと気が付いたのは電車の中でしょうか。

つぶやきのような一句が新鮮でした。

 

    エコバックの重さ身にしむ年の暮れ      芝香

エコが叫ばれて買い物には必ず自前の袋を持参せねばなりません。

年末の買い物は重くてかさばるものが多いんですよ。

主婦はつらいです。寒さが身に沁みます。